中国建国70年 改革開放から米との覇権争いへ

国際
2019/9/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国が10月1日に建国70年を迎える。前半期は毛沢東による文化大革命の発動で国内が大混乱するなど市民にとって苦難の時期が続いたが、後半期は鄧小平の改革開放政策で経済が急成長。1989年の天安門事件で日米欧の経済制裁を受けたものの、2010年には国内総生産(GDP)の規模で日本を抜いて世界第2位となった。貧富の格差の拡大や環境問題、人権問題など大きく課題を抱える習近平(シー・ジンピン)指導部は現在、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]