/

この記事は会員限定です

前堺市長を任意聴取 規正法違反疑い、地検捜索

(更新) [有料会員限定]

堺市の竹山修身前市長(69)の政治資金問題で、大阪地検特捜部は12日、竹山氏の自宅などを政治資金規正法違反の疑いで家宅捜索した。特捜部が竹山氏らを任意で事情聴取したことも判明。問題とされた政治資金収支報告書の記載漏れは2億円超に上り、今後は竹山氏が会計にどのように関与したかや、故意に偽りの報告をしたかどうかなどが捜査の焦点となる。

堺市内の男性が今年2月、同法違反の疑いで竹山氏と会計責任者だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン