「献脳」が解き明かす 神経・精神疾患のナゾ

ドキュメント日本
2019/9/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

治療法が確立していない神経や精神の疾患の解明に向け、死後に脳を提供する「ブレイン(脳)バンク」の生前登録が広がりつつある。登録ドナー数は300人を超え、40人以上の脳が最先端の研究に提供された。研究の成果は臨床現場にも反映され始めているという。治療法開発のカギを握る「献脳」の現場を訪ねた。(寺岡篤志)

昨年夏、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)に60代男性の遺体が運び込まれた。男性は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]