/

富士フイルム、iPS由来細胞で創薬支援 薬の吸収 高精度で検査

富士フイルムが発売したヒトiPS細胞由来の腸管上皮細胞「F-hiSIEC」

富士フイルムは飲んだ薬が体内でどの程度吸収されるかを調べるのに役立つ細胞を、ヒトのiPS細胞を使って量産する技術を開発した。薬は主に小腸の腸管上皮細胞から吸収され、全身を巡る。同じ機能を持つ細胞を安定して作り出し、経口摂取する薬の安全性や適切な投与量などの検査に利用する。製薬会社や健康食品メーカー、研究機関向けに販売を始めた。

創薬支援用に開発した「F-hiSIEC(エフ―ハイシーク)」はヒトiPS細胞由来の腸管上皮細胞だ。薬の開発に際しては、この腸管上皮細胞に薬がどの程度取り込まれ、代謝されるかの評価が欠かせない。

従来は結腸がん由来の代替品「Caco-2細胞」が一般に使われてきた。だが腸管上皮細胞に比べて薬物の代謝活性が低く、精度の高い評価が難しかったという。

富士フイルムは名古屋市立大学との共同研究の成果を踏まえ、ヒトの腸管上皮細胞と同等の機能を持ったiPS細胞を大量に安定して供給できる体制を整えた。経口薬や健康食品などの開発を効率的に進められる。

価格は凍結細胞100万個に2種類の培地をセットにして税別13万円。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン