文政権、検察との対立激化 進む疑惑捜査をけん制

2019/9/12 11:17
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権で、家族の疑惑を抱えて就任した曺国(チョ・グク)新法相と検察の対立が激しさを増している。娘の大学院不正入学に絡み、証拠隠滅の疑惑が浮上した妻への捜査を進める検察に対し、曺氏は組織改革を急ぐよう相次ぎ指示を出した。重要公約の検察改革への文氏の思い入れは強いが、失敗すれば返り血を浴びる危険もはらんでいる。

韓国の法相強行なぜ カギは静かな市民団体と…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]