/

角野栄子さん文学館開館へ 東京都江戸川区に22年度

「魔女の宅急便」などで知られ、国際アンデルセン賞受賞者の児童文学作家角野栄子さん(84)が11日、東京都江戸川区で会見し、自身がプロデュースする児童文学館の構想について発表した。

 児童文学館への思いを語る角野栄子さん(11日、東京都江戸川区)=共同

東京メトロ東西線の葛西駅から約2キロ離れた同区の「なぎさ公園」内に建設予定で、2022年度の開館を目指す。角野さんは「子どもたちが自由に本に接したり、物語の世界を思ったり、何かを生んでいけるような空間をつくりたい」と語った。

構想では、角野さんの仕事部屋を模したり、作品の世界観を表現したりした空間をつくり、草稿や愛用の眼鏡といった資料も展示。角野さんの作品はもちろん、国内外の児童文学作品も集める。周囲にカフェや、作品をイメージした遊具を設置する案も上がっている。

角野さんは3~23歳まで江戸川区で暮らした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン