トランプ氏、中国の関税一部除外「大きな動き」

2019/9/12 6:09
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は11日、中国政府が米国製品に対する報復関税の一部除外を決めたことについて「大きな動きだ」と述べた。米国が課す制裁関税を巡っては「(中国から)企業は撤退しており、中国のサプライチェーン(供給網)はおもちゃのように壊れている」と苦境を指摘。貿易交渉で譲歩するよう改めて中国に呼びかけた。

トランプ氏は「貿易交渉で合意を望んでいるのは中国」と繰り返している(11日、ホワイトハウス)=ロイター

ホワイトハウスで記者団に語った。中国の関税除外に関し「中国は正しいことをした。中国にとってよい事だ」と語り、あくまで中国政府が中国企業のために取った措置だとの見方を示した。

両政府は10月上旬に閣僚級協議を開く予定だ。中国が事前に柔軟な姿勢を印象づけようとしているとの見方がある。

中国は11日、中国企業の申請に基づき、潤滑油など16品目を報復関税の対象から外すと発表した。米政権も国内企業のために中国以外から調達が難しい一部製品で同様の措置をとってきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]