米とイランが批判の応酬、核合意巡り IAEA理事会

2019/9/12 3:57
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】ウィーンで開催中の国際原子力機関(IAEA)の理事会は10~11日、核合意の履行を段階的に停止しているイラン問題を討議した。米国は「悪意ある行動をやめなければならない」とイランを批判。イランも米国を非難し、議論は平行線をたどった。他の国々は核合意を維持することの重要性を訴えたが、具体的な手段は見えないままだ。

今月に入ってイランは核合意の逸脱の「第3弾」として濃縮に使う…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]