/

この記事は会員限定です

公明、区割り変更案を見送りへ 大阪都構想

維新、受け入れ難色か

[有料会員限定]

大阪維新の会主導でまとめた「大阪都構想」の現行案を巡り、公明党大阪府本部が水面下で打診していた新たな特別区の区割り変更について、12日の法定協議会(法定協)での正式提案を見送る方針を固めたことが11日、関係者への取材で分かった。維新側が修正を受け入れなかったとみられる。公明は都構想に賛成の立場で議論しており、対立を回避して従来から主張しているコスト抑制などを引き続き求める。

現行案は、大阪市を廃止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン