/

この記事は会員限定です

上場企業の平均年収692万円 1%増、配当の伸び下回る

18年度 株主重視浮き彫り

[有料会員限定]

上場企業の社員の平均年収が2018年度は692万円だったことが日本経済新聞社の集計でわかった。12年度から6年連続で伸びて年率換算では1%だった。一方、同期間の純利益の伸び率は年率12%で配当総額も同じ12%伸びており、企業の株主重視の経営姿勢が浮き彫りになった。

日本経済新聞社の経済データベース、日経NEEDSのデータを用いて、社員の平均年収と社員数から算出した。上場企業の有価証券報告書での開示情報に基づいている。集計期間は第2次安倍内閣発足後とほぼ一致する。持ち株会社の場合は少人数の幹部社員の平均になるため、年収が高くなりがちな点に留意する必要がある。

 国税庁の民間給与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン