/

内閣法制局長官に近藤氏

政府は11日の閣議で、横畠裕介内閣法制局長官の後任に近藤正春内閣法制次長が就く人事を決定した。北村滋内閣情報官が退任し、滝沢裕昭国際テロ情報集約室情報収集統括官をあてる人事も決め、いずれも同日付で発令した。

近藤 正春氏(こんどう・まさはる=内閣法制局長官)78年(昭53年)東大法卒、通産省(現経産省)へ。内閣法制局第4部長、同第2部長、同第1部長、14年5月内閣法制次長。愛知県出身、63歳。

滝沢 裕昭氏(たきざわ・ひろあき=内閣情報官)82年(昭57年)東大法卒、警察庁へ。岐阜県警本部長、警察庁警備局外事情報部長、16年1月国際テロ情報集約室情報収集統括官。東京都出身、60歳。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン