ゼノデータ・ラボ、三井住友海上と業務提携 投資判断支援ソフト共同開発

2019/9/15 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

データ分析のゼノデータ・ラボ(東京・渋谷)と三井住友海上火災保険が、自然災害や国際問題がどのような企業の業績にどれだけ影響を与えるかを分析するソフトウエアを開発した。三井住友海上が自社の投資判断に活用しながら、外部への販売も検討していく。

「天候不良」「米中貿易摩擦」「ブレクジット」など、世界で起きている重要な出来事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]