2019年9月22日(日)

自民、憲法改正へ野党との協力目指す まず国民投票法

内閣改造
政治
2019/9/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、新たな党執行部による初の役員会で、憲法改正に向けて挙党体制で取り組む考えを示した。国会発議に必要な3分の2以上の支持を得るため国民民主党などへの働きかけを強める方針だ。まず10月4日に召集予定の臨時国会で、国民投票の利便性を高める法案の成立と自民党改憲案の提示を目指す。

首相は役員会で「長年の悲願である憲法改正を党四役と参院の協力を得て党一丸となって力強く進め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。