10/23 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンクGによる株取得や融資案 米ウィーワーク受け入れへ[有料会員限定]
  2. 2位: パナソニック、「脱テスラ」で見えぬ未来[有料会員限定]
  3. 3位: 上場企業の平均年収692万円 1%増、配当の伸び下回る[有料会員限定]
  4. 4位: ヤマトHD、離れる顧客と消えた調整弁[有料会員限定]
  5. 5位: NYダウ、小動きで始まる 主要企業の決算で売買交錯
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,202,877億円
  • 東証2部 71,288億円
  • ジャスダック 93,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.42倍14.31倍
株式益回り6.93%6.98%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

マーケットニュース

フォローする

監査に「KAM」がやってくる(十字路)

2019/9/13 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業の決算書類の確かさを保証する監査報告書が大きく変わる。通称「KAM(カム)」。英語のキー・オーディット・マターの頭文字からとってこう呼ばれるが、日本語でいえば「監査上の主要な検討事項」が盛り込まれる。

監査報告書は「適正」か「不適正」か短く記すだけだったが、東芝など適正とされたはずの決算書類で不正が相次いだ。監査でどこに注意を払ったかもっと説明すべきだとの要請にこたえるのがKAMだ。長文式の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム