/

この記事は会員限定です

創業型の事業承継 広がる、愛媛県など支援策

[有料会員限定]

経営を引き継いだことを機に新事業進出や商品開発などに取り組む、創業型の事業承継が拡大している。少子高齢化に伴う後継者不足が深刻になる中、事業承継と新市場開拓などの課題を同時解決する手段として注目され始めた。愛媛県内の関係機関も講習や交流会などを開き、こうした取り組みを後押しする。

愛媛県今治市の中心部にある佐々木進学教室。創業者の父親からバトンを引き継ぎ2017年に社長になった佐々木佑介氏(30)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン