2019年9月16日(月)

新潟・柏崎市、東電に地元雇用・発注の資料求める

北関東・信越
2019/9/11 20:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県柏崎市は11日、東京電力ホールディングス新潟本社に対し、地元での雇用状況や発注実績の推移を示す資料の提出を依頼したと発表した。東電柏崎刈羽原子力発電所で働く市民の人数、地場企業への発注状況などの開示を求めた。6、7号機の再稼働に向け、東電に求める新たな条件の提示に生かす考えだ。

雇用や発注状況の対象時期は、1~7号機の稼働時(2007年)、全号機停止時(12年)、安全対策工事(18年)、今後の予定(20年)とした。東電は「全てに答えられるかも含め、どのような形で回答できるか検討する」とコメントした。

桜井雅浩市長は、東電が8月末に文書で提出した柏崎刈羽原発の一部廃炉を検討する方針を受け入れる見通しだ。6、7号機の再稼働に向けて「市の経済発展につながる新たな条件を提示したい」と話していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。