ボルトン氏解任、日米識者の見方

2019/9/11 19:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領はボルトン大統領補佐官(コカ安全保障担当)の解任を決めた。米国の外交への影響などについて日米の識者に聞いた。

ハドソン研究所のマイケル・ドラン上級研究員

国家安全保障担当の大統領補佐官の役割は調整だ。大統領の考えが各省庁の政策にしっかりと反映されているか監視し、国務長官や国防長官、米中央情報局(CIA)長官の意見を大統領に的確に伝える役割がある。自分の考えを外交政策に反映させるこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]