2019年9月16日(月)

コーエー側に1・4億賠償命令 無双シリーズで知財高裁

社会
2019/9/11 19:09
保存
共有
印刷
その他

ゲーム大手のカプコンが、コーエーテクモゲームスの人気ゲーム「無双」シリーズなどで特許権を侵害されたとして約7億5433万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産高裁(鶴岡稔彦裁判長)は11日、特許侵害を認めコーエー側に約1億4384万円の支払いを命じた。

特許侵害があったのはアクションゲーム「真・三国無双」「戦国無双」シリーズやホラーゲーム「零」など。一審・大阪地裁判決はカプコンが持つ2件の特許のうち1件を有効としてコーエーに517万円の支払いを命じたが、知財高裁は2件とも有効と認め、賠償額を大幅に増額した。

争点となったのは、シリーズ作品の前作をゲーム機に読み込ませると続編にシナリオやキャラクターを追加する機能。コーエー側は似た機能を持つ既存ゲームがあり新規性がないと主張したが、鶴岡裁判長は「(既存ゲームから)容易に発明できたとはいえない」として特許有効と判断した。

カプコンの特許は地裁審理中に出願から20年の有効期限が切れており、コーエー側のゲーム販売などに影響はない。

カプコンは「おおむね納得いく判決内容で、事実上の逆転勝訴と認識している」とコメント。コーエーテクモホールディングスは一部製品の特許侵害が否定されたことから「一部勝訴した」と説明し、「主張が認められなかった点は遺憾で、対応を検討する」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。