増税後、景気舵取り焦点 新経済閣僚ら早くも正念場

2019/9/11 22:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第4次安倍晋三政権発足後で2度目となった11日の内閣改造では、麻生太郎財務・金融相が留任となる一方、西村康稔氏が経済財政・再生相、菅原一秀氏が経済産業相でそれぞれ初入閣するなど他の主要経済閣僚の顔ぶれは大きく入れ替わった。世界経済の不透明感が強まる中、国内景気のかじ取りが問われるほか、アベノミクスの本丸である成長戦略の一段の実現など課題は山積みだ。

当面の最大のハードルとなるのは10月1日に予定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]