/

この記事は会員限定です

[社説]改造内閣は経済再生へ責任果たせ

[有料会員限定]

安倍晋三首相が「安定と挑戦」を掲げ、内閣改造・自民党役員人事に踏み切った。問われているのは、長期政権の基盤を生かした政策の実行力である。経済再生や社会保障制度改革といった懸案に正面から向き合い、着実に成果をあげていく責任がある。

11日に発足した第4次安倍再改造内閣は麻生太郎副総理・財務相、菅義偉官房長官を留任させ、経済財政・再生相の茂木敏充氏を外相、外相の河野太郎氏を防衛相にそれぞれ横滑りさせた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン