四国4県の景況感改善 財務局7~9月

2019/9/11 18:51
保存
共有
印刷
その他

四国財務局が11日発表した四国4県の7~9月期法人企業景気予測調査によると、企業の景況感を示す景況判断指数(BSI)は全産業ベースで0.0と4~6月期から3.8ポイント改善した。3期ぶりに指数が上昇、製造業、非製造業共に改善した。10月に消費増税が控えるなか「前回増税時よりも景況感の振れ幅は小さい」と同局は指摘した。

BSIは景況感が前の四半期に比べて「上昇」と答えた企業の割合から「下降」と答えた割合を引いた値。

7~9月期の製造業は8.1ポイント改善しマイナス2.7。生産用機械で設備投資に動きがあったほか、その他製造ではパッケージ製版の受注が増えた。非製造業は1.3ポイント改善しプラス1.7。小売りでは家具などの耐久消費財で需要が増えた。

全産業の10~12月期見通しは、前回増税時と比べると落ち込みが小さい。同局は「政府の反動減対策が企業の景況感に影響を与えているのではないか」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]