日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月22日 145.457 +0.113

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月22日(金)14:19

改正外為法が成立 重要企業への出資規制[映像あり]

公的年金 「マクロスライド」 20年度発動の見通し

11月22日(金)13:04

[PR]

商品ニュース

新潟コシヒカリ、新米据え置き 卸向け価格 需給緩和を懸念

2019/9/11 18:27
保存
共有
印刷
その他

代表的なブランド米の新潟産コシヒカリは、2019年産新米のコメ卸向け価格が前年並みで決着した。農家に支払われる仮渡し金(概算金)はJAグループが集荷を増やすために前年よりわずかに上がったが、コメの豊作に伴う供給増と高値続きに伴う消費減で需給が緩むとの観測から、卸向け価格は据え置いた。

JAグループの県本部であるJA全農にいがた(新潟市)が11日、19年産の新潟産コメについて銘柄別に卸向けの販売価格を提示した。代表銘柄の一般コシヒカリは1俵(60キログラム)1万6600円(税別)と、18年産の最終価格と同額だった。

魚沼産コシヒカリは1万9800円、業務用が多い「こしいぶき」は1万4500円と、いずれも前年と同値。前年より上がったのは佐渡産コシヒカリだけだった。下がった銘柄はなかった。

JA全農にいがたは、県内の地域農協を通じて農家向け仮渡し金を19年産米は一般コシヒカリで1俵あたり100円(1%)引き上げた。JA全農にいがたが集荷時に払う金額は増えたが、19年産米の需給緩和を警戒して卸向け価格への転嫁を見送ったとみられる。

農水省の調査(8月15日時点)によると、新潟県内のコメの作柄は「やや良」で平年を2~5%上回る収穫量になる見込み。東日本を中心に8月の日照量が増えてコメの生育が進み、北陸以北でも「やや良」となる見込みだ。

米価は18年産まで4年連続で上昇したが、19年産は値上がりに歯止めがかかる可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム