2019年9月23日(月)

母国ドイツとの友好に手応え
(人物ファイル)

北関東・信越
2019/9/11 17:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、群馬県沼田市はドイツとの交流を深めている。ミュンヘン出身のクリスティーネ・バウアーさん(27)は約1年前から沼田市の国際交流員として働く。広報誌や料理教室を通じ、流ちょうな日本語でドイツ文化を伝える。五輪開幕まで1年を切り、母国への関心が根付いてきたと実感する。

10代の頃に習った空手をきっかけに、日本への関心を深めた。「漢字を見て興味を持ち、自分で書…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。