/

大日本印刷、自社株買い600億円 株売却資金も利用

大日本印刷は11日、発行済み株式数の9.94%にあたる3000万株、600億円を上限に自社株買いを実施すると発表した。今月12日から2020年3月24日までの期間、市場で買い付ける。政策保有株として持っていたリクルートホールディングス株の売り出しに伴う売却資金537億円や手元資金などを利用、資本効率の改善につなげる。

同社は10日、リクルート株1800万株の売り出しに伴い19年4~9月期に513億円の売却益を計上すると発表していた。売却資金は自社株買いだけでなくBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業など重点分野への成長投資にもあてる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン