みずほ3度目の正直 社長が進退かけシステム統合指揮

コラム(テクノロジー)
2019/9/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほフィナンシャルグループ(FG)が勘定系システムの完全統合という最大の経営課題を解決した。過去に2度、大規模なシステム障害を起こし、3度目を起こせば経営責任が問われるなか、坂井辰史社長は自身の進退をかけて指揮を執った。経営トップとして勘定系システム完全統合プロジェクトにどう関与し、開発現場をどう支えたのか。苦節20年、坂井社長が初めて日経コンピュータの単独取材に応じた。

【関連記事】みずほシス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]