キリンや資生堂、ネット「直販」に軸 顧客に直接発信

2019/9/12 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品や化粧品メーカーが、大手のネット通販サイトを介さずに消費者に直接リーチする動きを強めている。「ダイレクト・トゥ・コンシューマー(D2C)」とも呼ばれる商流で、消費者との関係を深めやすいほか、大手サイトへの手数料も省ける。「素通り」への懸念を強めるアマゾンジャパン(東京・目黒)や楽天は、物流や海外販売など付加価値を高めプラットフォーマーの地位を死守する構えだ。

市場の縮小に悩むビール業界。キリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]