東京海上日動、病院のBCP策定支援に力

2019/9/11 17:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

栃木県は東京海上日動火災保険と組み、病院の事業継続計画(BCP)の策定支援に力を入れている。災害時に拠点となる11病院は全て策定済みだが、県内の他の95病院では1割ほどしか策定していない。災害時に地域医療が機能不全に陥るのを防ぐため、セミナー開催や無料コンサルティングを通じて早期の策定を呼びかけている。

地震や台風など大規模災害の発生時は県指定の災害拠点病院が24時間体制で患者を受け入れ、被災地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]