東急プラザ渋谷、12月5日開業 セラヴィ初上陸

2019/9/11 17:03
保存
共有
印刷
その他

東急不動産は11日、東京・渋谷の商業施設「東急プラザ渋谷」に入居する全69店舗を発表した。シンガポールに店を構える日本初上陸のレストラン「セラヴィ」も含む。開業日は12月5日。再開発に伴い生まれ変わり、40代以上をターゲットにして美容や健康といった店舗を充実させる。若者の街のイメージが強い渋谷には40代以上が利用しやすい商業施設が欠けていたとして、年500万~600万人の来館者数をめざす。

最上階に入る日本初上陸のレストラン「セラヴィ」(写真はイメージ)

40代以上が利用しやすい商業施設を目指す新たな「東急プラザ渋谷」(写真はイメージ)

東急グループは渋谷駅周辺の再開発を進めており、東急プラザ渋谷は2015年に閉館。同じ場所に、19年10月に竣工する複合ビル「渋谷フクラス」の2~8階、17、18階に新たに東急プラザ渋谷が入る。

東急不動産が11日に都内で開催した説明会で岡田正志副社長は「渋谷には(40代以上の世代が)ゆっくり買い物や食事ができる場所が少ない。今まで欠けていたショッピングセンターだ」と強調する。

2階から4階には渋谷エリア初出店となる全国の老舗ブランドや新業態の美容や健康関連の店舗が入るほか、6、7階には飲食フロアが設けられる。屋上階となる17階には渋谷の街を一望できる広場を設け、セラヴィが入る。世界最大級のカジノを持つシンガポールの総合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」の最上階に構えるエンターテインメント性を備えたレストランだ。

5階にはソフトバンクロボティクス(東京・港)が初めて手掛けるカフェがオープンするほか、人生設計や資産形成支援などの店舗も入る。

東急不動産は1965年に「渋谷東急ビル」を開業し、その後、東急プラザ渋谷と名称を変えた。事務所や店舗、飲食店街が一体となった複合ビルは当時としては珍しかった。地上9階、地下2階建て、約90店舗が入っていた。再開発に伴い、15年に閉館した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]