/

全漁連会長、前環境相の海洋放出発言に抗議

全国漁業協同組合連合会の岸宏会長は11日、都内で臨時の記者会見を開き、原発処理水の海洋放出を巡る原田義昭前環境相の発言に「断固反対し、撤回を求める」との抗議文を発表した。岸会長は「本格操業の再開を待つ漁業者を不安にし、風評被害も増長させる」と強調。「政府との信頼関係を崩壊させかねない重大で深刻な事態だ」と発言に強く抗議した。

福島第1原子力発電所の放射性物質を含んだ処理水について、原田前環境相は10日の記者会見で「思い切って放出して希釈するしか方法がないと思っている」と発言した。一方で全漁連は漁業者の立場から、海洋放出に強く反対してきた。

11日の臨時会見で岸会長は、日本産水産物の輸入規制を巡る韓国との世界貿易機関(WTO)訴訟に実質敗訴したことも踏まえ、処理水の安易な海洋放出は「風評被害がさらに広がり、日本の漁業を壊滅させてしまう」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン