/

この記事は会員限定です

買われる「隠れ買収巧者」 事業継承難、成長の糧に

証券部 大西康平

[有料会員限定]

海外投資家がM&A(合併・買収)の「隠れ巧者」への選別投資を進めている。買われているのは、事業承継難に悩む非上場企業の増加などを好機ととらえ、買収による事業拡大につなげている企業だ。中小型株相場が盛り上がりに欠けるなかでも、中長期の成長戦略に着目した投資マネーの動きは途絶えていない。

8月に2907円の上場来高値を付けた音響機器の販売を手がけるヒビノ。長期志向のある海外ファンドは、同社株に継続して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン