/

この記事は会員限定です

預金から投信へ 開示強化で運用コストに低下圧力

まだ育つ確定拠出年金(下)

[有料会員限定]

個人型確定拠出年金(イデコ)や企業型確定拠出年金(DC)は積み立てた資金を定期預金などの元本保証型で運用することもできる。だが効果的に資産を増やすには、投資信託を活用することが重要になる。

イデコで毎月掛け金を積み立てる際にかかる手数料は最低でも月167円。国民年金基金連合会の事務費用の月103円と信託銀行に払う資産管理費用の月64円が必ずかかるからだ。運営管理機関と呼ばれる金融機関の手数料をゼロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン