/

この記事は会員限定です

シェアリングエコノミー、なぜ急成長?

教えて山本さん!BizTechの基礎講座

[有料会員限定]

米ウーバーテクノロジーズは、現時点で2019年最大の上場となりました。創業から10年で時価総額7兆円。単純に計算して企業価値を1年間に700億円というペースで成長したことになります。同じ自動車産業に属するホンダなど伝統的な自動車会社の時価総額が5兆円程度であることを考えると、いかにウーバーが巨大化したかがわかります。

確かに自動車産業は、モビリティーサービスに変わりつつあるといわれています。それにしても...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2784文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン