/

この記事は会員限定です

集落の終活を考えよう 田中佑典氏

ムラツムギ代表

[有料会員限定]

日本の人口が減り始めた。相変わらず過疎地では地域活性化の必要性が唱えられているが、私は疑問も感じている。消滅が時間の問題になった集落では、そうした対策では対処しきれない。人と同じように、集落にも終わりを見据えた「終活」が必要ではないか。

私は奈良県南部にある大塔村(現・五條市)という過疎地域で生まれ、幼少期を過ごした。今は29歳となり東京で暮らしている。村は深い杉林に囲まれた静かな場所だった。か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン