/

スポーツ3施設にも命名権 広島県福山市

広島県福山市は屋内競技場のローズアリーナなど市営スポーツ3施設で命名権(ネーミングライツ)使用者の募集を始めた。2020年4月から5年間の契約で、使用料はローズアリーナが年額200万円以上、野球場と陸上競技場は各100万円以上。10月11日まで公募し、施設の維持管理費に充てる。

市はすでに大型商業施設「エフピコRiM」など4施設に命名権を導入済み。有効な財源確保手段とみて、文化・観光施設や駐車場などにも導入を検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン