2019年9月19日(木)

迫る幼保無償化、仙台市・市内保育所が対応に汗

北海道・東北
2019/9/11 14:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

幼児教育・保育の無償化を10月に控え、仙台市や市内保育所が対応に追われている。子どもが通う施設によっては無償対象になるための手続きが必要だったり、給食費の全額が実費負担になったりするためで、現場は時間との戦いを強いられている。無償化によって待機児童が今後増える事態も想定され、「まずは待機児童の解消を」との声も大きくなりそうだ。

「無償になる子どもに新たな認定を出す作業が続き、課全体の勤務時間が増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。