3次元計測カメラ用ソフト、インターン学生と開発

働き方改革
大学
2019/9/12 12:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産業用ロボットにも搭載できる小型・軽量の3次元計測カメラを開発したYOODS(ユーズ、山口市)が、インターンシップの学生を採用し、社員に準じた戦力として活用し始めた。インターンであればベンチャー企業でも優秀な学生を確保しやすく、学生にとっても実践的な就業体験になるため、導入する動きが急速に広がっている。

ユーズは機械メーカーに勤務していた原田寛社長が独立し、2004年に設立した。工場向けの画像処…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]