「行き過ぎた強気」に警戒、黒田総裁の緩和副作用論

日銀ウオッチ
2019/9/12 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州中央銀行(ECB)が12日の理事会で追加緩和に動くことが確実視され、米連邦準備理事会(FRB)も来週の追加利下げが見込まれる。円高圧力が強まれば日銀も対応を迫られそうだが、すでに長期の金融緩和を続けているだけに、効果と副作用の検証がより一段と重要になっている。日銀の黒田東彦総裁は副作用問題をどう考えているのだろうか。

「大幅な金融緩和を続けて金融仲介機能が阻害されたり、逆に資産市場の行き過ぎ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]