2019年9月19日(木)

[FT]家畜伝染病・対米摩擦が変える中国豚肉消費

米中衝突
貿易摩擦
サービス・食品
中国・台湾
ヨーロッパ
中南米
FT
2019/9/11 14:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国では今年、1000万トンに上る豚肉の供給不足を補うため、ブラジルや欧州からの輸入が急増している。昨年に家畜伝染病「アフリカ豚コレラ」の発生が確認され、飼育豚が大量に殺処分されたことが豚肉不足の原因となっている。

豚肉不足で価格は2倍に

中国の養豚業者が昨年、まだ感染していない飼育豚の予防的殺処分に着手した。結果的に豚肉の供給量は押し上げられて価格は一時的に下がり、輸入需要も落ち込んだ。その後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。