人権は二の次? 米のミャンマー政策惑わす「中国の影」
アジア総局長 高橋徹

米中衝突
Asia Analysis
コラム(国際)
2019/9/11 23:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

右手で相手を殴りつけながら、握手のために左手を差し出す――。そんな奇妙な駆け引きを、米国がアジアの地政学の要衝で繰り広げている。

9月2日から5日間、米海軍が東南アジア諸国連合(ASEAN)と初めて実施した合同軍事演習。米国側からの提案で実現した訓練に、ミャンマー国軍も参画した。

その1カ月半前、米政府は「著しい人権侵害の責任」を理由に、ミャンマー軍のミン・アウン・フライン総司令官ら最高幹部の米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]