大企業景況感3期ぶりプラス 7~9月、家電など好調

2019/9/11 10:47
保存
共有
印刷
その他

財務省と内閣府が11日発表した法人企業景気予測調査によると、7~9月期の大企業全産業の景況判断指数(BSI)はプラス1.1だった。プラスは3四半期ぶり。家電販売などが好調な非製造業がプラスに回復。製造業もスマートフォン関連需要の底打ち感などからマイナス幅が縮小した。10月の消費増税を前に景況感の悪化にいったん歯止めがかかった形だが、10~12月期は再びマイナスの見通しで先行きは不透明だ。

BSIは前四半期と比べた景況判断で「上昇」と答えた企業の割合から「下降」と答えた企業の割合を引いた値。前回4~6月期はマイナス3.7だった。今回の調査時点は8月15日。

大企業のうち製造業はマイナス0.2で4~6月期のマイナス10.4からマイナス幅が縮んだ。米中貿易摩擦の影響で中国向けの非鉄金属や自動車などは依然さえなかったが、情報通信機器や電気機器がそれぞれ2桁のマイナスだったのが大幅に上向いてプラスになった。超高速の次世代無線規格「5G」や車載向け電子部品の需要が堅調といった声があった。

非製造業はクラウド化などのシステム需要が強いほか、テレビや白物家電の販売が好調でプラス1.8と、2四半期ぶりのプラス。消費増税前の駆け込みについて調査担当者は「白物家電は好調という声が聞かれるが、前回のような大きな需要はみられない」との見方を示した。

大企業全産業で10~12月期はマイナス0.4と再びマイナスに転じる見込みだ。2020年1~3月期はプラス1.7の見通しだが、増税後の景況感は不透明だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]