サッカー

頼もしき背番号「10」 中島、チーム落ち着かす先制点

2019/9/11 8:01
保存
共有
印刷
その他

背番号「10」が初戦の緊張感を払いのけた。16分、左サイドからパスを受けて中央へ切れ込むと、ペナルティーエリア手前から右足を一振り。ミドルシュートは、GKの頭上を越えてネットを揺らした。得点時間も早かっただけに、チームに平常心をもたらす効果はてきめんだった。

【日本、白星発進 W杯アジア2次予選】

日本―ミャンマー 前半、先制ゴールを決め橋本(13)と喜ぶ中島=共同

日本―ミャンマー 前半、先制ゴールを決め橋本(13)と喜ぶ中島=共同

ピッチ上のフリーマン。そう名付けたくなるような中島の即興的なプレー、自由な動きが、日本の攻めを連動させた。表向きは左MFだがサイドに張るわけでなく、中央に寄ってドリブルで仕掛けていく。相手は止めにかかって引き寄せられ、日本の左サイド前方はガラ空き。そこへ長友が上がり、あるいは南野が流れて起点になった。

ハーフライン付近からのドリブルは奪われた場合のリスクも高い。セオリーであれば推奨されにくいプレーだが、中島はお構いなしだ。実際、これがいい具合に相手を2人、3人と引きつけ、逆の右サイドにもスペースを生む遠因ともなった。

ぬかるむピッチの影響を懸念する声もあったが、本人は「僕自身は環境が悪いとは思いませんでした」と、どこ吹く風。昔遊んだ公園の方が劣悪なピッチでしたから、と言ってのける。「どんな試合でも、チームの勝利に貢献できるよう全力でプレーするのを心がけている。自分の限界まで出すことです」

ここぞの好機に再三シュートをふかしてもいる。それでも中島は打つことから逃げない。ミスショットにもめげず、突破口をうがつ。ドリブルでもまたしかりで、阻まれても懲りずに挑み続ける。それが中島の考える「全力」であり、森保ジャパンの背番号「10」の流儀なのだろう。(ヤンゴン=岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

タジキスタン戦を前に記者会見する森保監督(14日、ドゥシャンベ)=共同

 【ドゥシャンベ=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で、F組の日本代表は15日午後5時15分(日本時間同9時15分)からタジキスタンの首都ドゥシャンベでタジキスタン代表と …続き (19:44)

 【ロンドン=共同】サッカーの2020年欧州選手権予選は13日、各地で行われ、G組のポーランドとI組のロシアが各組2位以内を確保して本大会出場を決めた。
 G組首位のポーランドは2―0で北マケドニアを下 …続き (9:20)

 【ウエスカ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン2部リーグで13日、ウエスカのFW岡崎慎司は本拠地のラシン戦にフル出場したが、得点はなかった。試合は1―1で引き分けた。
 サラゴサのMF香川真司は敵地 …続き (9:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]