2019年9月23日(月)

米、イランやハマスに追加制裁 テロ撲滅目指す

トランプ政権
中東・アフリカ
北米
2019/9/11 3:31
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米財務省は10日、テロ活動を撲滅するため、15のテロ組織幹部や団体を制裁対象に指定したと発表した。イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」やパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの幹部を対象にした。11日に2001年の同時テロから18年を迎えるのを前にテロ対策の強化をアピールする狙いだ。

10日、ムニューシン米財務長官(右)と記者会見を開いたポンペオ国務長官(ワシントン)

トランプ米大統領は10日の声明で「テロリストやテロ支援者に対して金融制裁を含む米国の全ての手段を積極的に講じていく」と強調した。ポンペオ米国務長官は同日の記者会見で「米国で同時テロが再び起きないことを確かなものにする」と制裁の意義を説明した。制裁対象になると米金融機関との取引が禁じられ、米国にある資産が凍結される。

トランプ氏は、同時テロを仕掛けた国際テロ組織アルカイダを擁護したアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの指導者を9月上旬に大統領山荘「キャンプデービッド」に招く計画を検討していたと明らかにして批判を浴びた。テロ組織に厳しく対処する姿勢を示し、タリバンを巡る批判をかわす狙いもありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。