/

この記事は会員限定です

北朝鮮のミサイル分析公表 日韓軍事協定破棄の懸念払拭

[有料会員限定]

政府は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定で広がる懸念の払拭を急いでいる。韓国が8月下旬に協定破棄を通告して以降、日韓の防衛協力に綻びが生じ始め、北朝鮮のミサイル発射に関する情報交換にも影響が出るとみられているからだ。防衛省は過去に発射された短距離弾道ミサイルの分析結果を公表するなど、異例の対応をみせている。

北朝鮮は10日の午前7時ごろ、平安南道の价川(ケチョン)一帯から東方向に2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1252文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン