/

「人権侵害」と印を非難 カシミール巡りパキスタン

【ジュネーブ=共同】パキスタンのクレシ外相は10日、スイス西部ジュネーブで開催中の国連人権理事会で演説し、インドが北部ジャム・カシミール州の自治権剥奪を8月上旬に決めた後、現地で「露骨な人権侵害が行われている」と激しい口調で非難した。

クレシ氏は、現地では外出禁止や通信の遮断などが続き、医療物資も不足するなど「800万人がとらわれの身で、世界最大の監獄と化している」と発言。政治活動家ら数百人が拘束され、インド当局による暴力行為が横行し、大量虐殺も起きかねない状況だと強調した。事態改善に向け、人権理などの国際社会が現地調査を行うなど、即座に行動するよう訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン