「加入率、断然高い」 中小企業「iDeCo+」に関心
動き出す老後マネー(2)

ルポ迫真
2019/9/18 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

りそな銀行は中小企業に「イデコプラス」の利用を促している(東京・港)

りそな銀行は中小企業に「イデコプラス」の利用を促している(東京・港)

「セカンドライフを充実させるには、今から積み立てを始めないといけません」。7月末、獣医機器の専門商社、キリカン洋行(東京・港)の本社で、りそな銀行芝支店の辺見奈緒美(26)が、少し大きめの声で呼びかけた。従業員は14人で企業年金の制度はない。

アピールするのは、個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)に中小企業が掛け金の一部を出す「中小事業主掛金納付制度」(iDeCo+=イデコプラス)だ。キリカン洋行は会社で1人毎月4千円を負担。従業員の鹿児島枝美(仮名、36)は自費で6千円を上乗せして積み立てを始める。

【前回記事】「貯蓄から投資」若者の覚悟 動き出す老後マネー

 「老後資金が2000万円不足する」とした金融庁審議会の報告書。働き盛りの世代でも課題になりそうなのは、中小企業で働く人たちだ。人事院の調査では、従業員1000人以上の企業は勤続35年の退職一時金と企業年金の合計が平均2952万円。だが50~100人未満では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]