/

この記事は会員限定です

マツダが挑む「脱コスパ頼み」 米市場にご当地SUV

企業研究・マツダ 高級路線の行方(中)

[有料会員限定]

マツダトヨタ自動車と組んで米国に新工場を建て、2021年から米国専用の多目的スポーツ車(SUV)を生産する。開発コードは「CX-X」だ。米国はマツダの世界販売の約2割を占める最重要市場の一つ。値引きを抑えてブランド価値を高める姿勢を貫くが、改革は道半ばだ。その中で「CX-30」や「CX-5」なども含め、多車種のSUVを売り分けつつ販売を伸ばす難題に挑む。

米南部に建てる新工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン