北関東の倒産1件減 8月、負債総額は48.7%減

2019/9/10 19:18
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチがまとめた北関東3県の8月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は、前年同月比1件減の26件だった。茨城と栃木で倒産件数が増えたが、群馬では減った。負債総額の合計は48.7%減の19億8600万円だった。

倒産件数を県別にみると、茨城が6件増の13件、栃木が3件増の10件、群馬が10件減の3件だった。産業別では小売業が7件で最も多かった。

負債総額は茨城が4.0%減の7億5300万円、栃木が35.8%減の8億8000万円、群馬が79.4%減の3億5300万円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]