2019年9月23日(月)

四国の最低賃金、3県で上げ幅最大 労働局が改正

中国・四国
2019/9/10 20:54
保存
共有
印刷
その他

四国4県の労働局による2019年度の最低賃金(時給)が出そろった。引き上げ額は26~28円。愛媛、徳島、高知の3県が引き上げ額・率とも、時給表示に一本化された2002年度以降で最大となった。都心部への人材流出を防ぐことと、格差是正を考慮した。

各労働局は労使の代表らからなる地方最低賃金審議会の8月答申を受けて改正額を決めた。改正された最低賃金は香川、徳島、愛媛で10月1日、高知で同5日から適用される。

徳島労働局は27円上げて793円。引き上げ率は3.52%で、引き上げ額・率ともに過去最大となった。審議会が示した引き上げ額の目安26円を上回った。香川労働局は818円に改正し、初めて800円を超えた。

高知は790円。16年度に700円を超え4年連続で20円以上・3%以上の上げとなった。ただ、8月の審議会答申で経営側の一部から中小企業の負担が増すばかりと異論があった。このため労働局は中小零細企業に従業員の賃上げにつながる可能性のある業務改善助成金を活用するよう呼びかけていく。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。