熊本の大型複合施設が完成、九産交のバスターミナルも

2019/9/10 18:48
保存
共有
印刷
その他

熊本市中心部で進む大規模再開発の中核となる複合商業施設「サクラマチ クマモト」が10日完成し、竣工式が開かれた。併設する大型バスターミナルも完成し、第1号となるバスの出発式も開かれた。バスターミナルは11日、商業施設は14日に開業する。

開発の主体の九州産業交通ホールディングス(熊本市)の矢田素史社長は同日、熊本市で記者会見し、バスターミナルについて「九州各地とつながり、熊本市の街中への入り口になる」と強調した。近くにある熊本城と市街をつなぐ役割も担うという。

大規模再開発は熊本市の中心市街地の活性化を目的にしている。「街中に人を呼び込む求心力になるよう、施設に多様な複合機能を備えている」(矢田社長)。商店街やJR熊本駅で進む駅ビルの再開発とも連動し、より多くの人が街中を回遊する効果を目指している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]