/

この記事は会員限定です

「国際派」が背負った宿題、リブラ規制の本丸へ

[有料会員限定]

世界の金融規制をつかさどる金融安定理事会(FSB)の常設委員会議長に、金融庁ナンバー2の氷見野良三金融国際審議官が1日付で就いた。デジタル化で激変する世界の金融環境に主要国が連携して対処するため、規制づくりなどの戦略を練り上げる。今秋には、米フェイスブックが発行を計画するデジタル通貨「リブラ」への対応策をまとめる見通し。金融庁でも屈指の国際派の手腕が早速試される。

「我々は分散型金融技術に関するF...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン